ババコンガ最大金冠をゲット!

しばらくあまりPSPを起動する時間が取れなくて、1日2狩りくらいしかできておりませんでした。
(え、十分だ?)

まあそんな中で、散発的にあれこれと金冠サイズを取れていないモンスターを回っていたのですが、なんとなく大きいサイズが出ているような感じです。
なので、最大金冠を取っていないモンスターを順番に回ってみることにしました。



1)グラビモス  集会所★8「湿地帯の黒き鎧」

自動装填スキル+老山龍砲Gのいわゆるラオートで。
本当はG級クエストに行けばいいのでしょうが、まだボウガンの弾をどれだけ持っていったらいいのかよくわかっていないので、電撃弾・水冷弾にあと通常弾Lv2だけ持っていけば足りる上位クエストへ。
ネコ毛の紅玉も狙えますし。

とりあえず爆弾は大タルGと大タルを2個ずつ持ち、罠を置いて確実に腹を爆破します。
グラビに遭遇するまでは、ネコ毛の紅玉を探したり、雑魚敵の掃除をしたりします。

そうしてやっと遭遇したグラビは、これまたデカイ!!
しかし、落とし穴から復帰する際には、尻尾が地面から若干離れています。
――つまりこれは、以前にも出た銀冠サイズ。

が、まあ、リタイアするのは嫌なので、そのまま戦闘続行です。
大きいので若干相手の攻撃を躱し辛いところが非常にへなちょこ。
回避性能がついている癖に、なぎ払い熱線に被弾してしまうこともしばしばだったりして(ダサ!)。

どうにかこうにか討伐して、残念ながら予想通りサイズ更新ならず。
次に出てきたのが小さかったので、諦めて別のモンスターに挑戦することにしました。


2)ババコンガ  集会所★6「牙獣たちの逆襲!」

これも沼地<夜>のクエストで、ババコンガとドスファンゴが同時に出てくるクエストですね。

このクエストは出てくる大型モンスターの2頭ともが、初期配置がエリア8。草地のMapです。
しかも、2頭ともに同じような移動コースを取るパターンが多いのがニクイところ。
自分もここからスタートして、大混乱になる可能性が非常に高いクエストですね。
ペイントしてから離れるのを待ちますが、その間にネコ毛の紅玉を探してからスタートします。

このクエストには以前の記事にも書いたとおり、ハンマーで行っております。

武器 近衛隊機械鎚【撃鉄】 (火属性)
防具 キリンX一式に腰だけゲリョスZ
スキルはランナー、属性攻撃強化、精霊の加護、斬れ味レベル+1

で、防具とスキルは前述から変更なしです。

しかしハンマーは本当に強いです。
まずはドスファンゴから、適当に溜め3からスタン時に縦3を入れて、ごつんごつんやっているとあっという間に終了です。

そしてババコンガ。
この回に出てきた個体は非常に大きかったです。
が、ババコンガにあまり行っていない上に、前回出たのが最小金冠更新サイズだったりしたもので、大きさの区別がついておりません。
「でかいな!」と思いつつ「どうせ銀冠だろ」と期待を戒め、これまた適当に攻撃を当てていきます。

ババコンガの部位破壊可能箇所は尻尾・爪・頭の3カ所なので、まずは尻尾から順に行きます。
突進の振り返りや連続ラリアット?の隙に溜め3を入れて、転んだら縦3。
罠肉で寝かせたら大タルGで起こしてあげて、痺れたら頭に縦3。
ハンマーの楽しさに目覚めたところで、いい練習台になってくれます。

ちょっとサイズが大きいので、回避が1回では間に合わないこともありますが…まあ順調です。

そして討伐終了後、期待しないで報酬画面を終えたら、金冠がつきました。

あ、やっぱり大きかったのね……

そうは思いつつ、あまり期待していなかったので嬉しいような、気が抜けたような…
まああまりババコンガが好きではない(※)ので、これでまたしばらくサヨナラできるのが嬉しいです。
連戦というほどの連戦でもなく、5回くらいで終わってくれました。

※G級訓練で悪臭ブレス(毒)・フンに直撃の上、消臭玉を忘れてモドリ玉もなく昇天。
 忘れたい……

次にババコンガと会う時は、現在狩猟数が60なので、100頭討伐の称号獲得を目指す時でしょうか。
しかし当分サヨナラってことで。


3)ドスイーオス  村★7「蛇竜だらけ!」

もう何度行ったかも忘れたこのクエスト。
闘技場に入った瞬間にサイズの判別ができるので、期待はずれの時は失望のまま5分ほど戦うハメになります。

また失望のまま戦ってきました。
ハンマーの溜め攻撃を入れようとすると、素早いため微妙に当てづらいところがまたイライラです。

…しばらくお前とは会いたくない。

クシャルが好き?

先日、ナズチとギザミの最小金冠を続けて取ったためか、少し出てくるモンスターのサイズが微妙になってきました。
いえ、たまたまの巡り合わせだと思うのですが。

しばらく様子見でティガ様に行ったりしていたのですが、何となくまたクシャルの最小金冠を狙ってみたくなって、大剣を担いで村★8クエストに行くことにしました。


何だか出てくるサイズが小さめなので、調子に乗って連戦します。
が、うまく小さいのが出てくれても、1回でトドメをさせないのが自分の腕の限界。
なのにそれをわかっていても、何度も何度も、村上位のクシャルに通います。


……私、クシャルダオラが好き…なんでしょうか……??

「どう見てもこれ最大金冠サイズでしょ」っていうのと、「あ、これ小さ!!」というサイズの両方が出たのですが、小さい方はその時に倒すことができず…。
大きいのは、体力を半分以下にした2回目の挑戦の時に出たので、トドメをささず逆に3オチして次回に希望を託したりもしました。

現在討伐数37。

37頭目の時、やはり小さいのが来ました。
この前に出て倒しきれなかった「小さ!」と驚いたものと比べると若干大きいのですが、比較の問題でかなり小さい方でした。

そしてどうにか倒しきってクエスト終了後、ファンファーレが!

金冠はつかないまでも、70センチほど小さい記録が更新されました。
え、うそ、まだそんなものだったんだ。と、驚きました。

が、後々攻略本を見て最小サイズを確認したところ……ここからさらに一回り小さいサイズが最小金冠なのだそうです。

お、おお……先は長そうです……

ショウグンギザミ最小金冠ゲット!

先日のオオナズチ最小金冠に続き、ショウグンギザミの最小金冠をゲットしました!


そもそもオオナズチのクエストが出ていない時に、クエスト回しを兼ねて行っていたショウグンギザミ。
クエストは村★6「鎌将軍の包囲網」の2頭クエストです。

当初大剣で行っていたのですが、オオナズチの記録がついてからは、ふと思いついてハンマーに持ち替えました。
甲殻種には打撃攻撃が有効であるとは承知していましたが、あまり持ったことがないのでそれまでは避けていたのです。
が、どうせ下位のクエストなのだからと、練習兼ねて。


ハンマー……強い!!

殻の方から適当に溜め3か縦3をやっていると、あっという間に瀕死→討伐です。
下手すると部位破壊前に討伐してしまいます(当てるのが下手)。
オトモにトドメを取られることもしばしばです。笑。

村★6クエスト、つまり下位のクエストなので、BCから出発。
準備が楽で支給品もあって、いいですね。
準備を整えて隣のMap4で待機していれば、ギザミは順番にやってきてくれるので、これも楽。

武器は スーパーノヴァ(雷属性)
防具は キリンXシリーズに、腰だけゲリョスZ
スキルは ランナー、属性攻撃強化、精霊の加護、斬れ味レベル+1

です。
ただでさえG級武器なのに、2頭クエストなので相手の体力はかなり低く、2頭を5分針で討伐できる感じで、どんどんクエストを回していきます。
結局最小金冠がついたのが90頭目、連戦を始めてから10戦(20頭)を費やしました。
例によって小さいサイズが連続して出ていて、2頭クエストの2頭目としてMapにやってきた個体が記録を出してくれました。

その個体、それまで見慣れていた小さい個体と比べても、一目で「小さ!」とわかるサイズでした。
討伐後前述の通りサイズを比べてみると、予想通りハンターさんの頭と触覚が被っているくらい。
クエスト終了後、最小サイズ更新は当然のできごとでありました。

最大金冠はもうもらっているので、後10頭、100頭狩猟の称号を狙う時は、「尖爪」狙いで上位クエストか、G級クエストに行きたいと思います。


あ、そうそう、前回の記事で「調合分までしびれ罠を持ち込んで、罠1つにつき片方の爪を破壊して部位破壊報酬を確保する」と書きましたが、間違っていました。
ギザミの爪の破壊報酬は、片方の爪を破壊すればもらえました。

両方の爪を破壊してしまうと怒りっぱなしになることと、部位破壊報酬のことが混ざってしまっていたみたいです。
しかも、武器は最初火属性のものを持ち込んでいました。
これは部位破壊に属性指定があるものと思いこんでしまっていたためで……つまり、ダイミョウザザミの条件とも混じってしまっていたみたいです。
どれだけ甲殻種行っていないの。


実はこの記事、投稿2回目です。
最初の投稿は、昨日1時間かけて書いたのに、サーバエラーで消えてしまいましたよ……



追記から、他の金冠狙いのモンスターの、途中経過です

オオナズチ最小金冠ゲット!

延々々々挑戦し続け、ついにオオナズチの最小金冠をゲットしました。

先日の記事の通り、最大金冠狙いで連戦をしているうちに割と小さいサイズが連続して出てくるようになったため、最小金冠狙いに切り替えた末でのゲット。
連戦を始めて、17頭目のことでした。


倒し方は、変わらず双剣の双龍剣【太極】で乱舞していただけです。
連戦の最中は小さいサイズが連続して出てきていたので、クエストが出ている限りずっとオオナズチ。
楽しくもあり、つらくもあり…?
クエスト自体は5分針で終了するので、最後の方は「2頭出ろ」とか思っていました。

あ、私のサイズの確認方法は、倒した後のことです。
もちろん遭遇時に「大きい」「中くらい」「小さい」の大まかな区別はつけていますが、狩猟数稼ぎにリタイアはしないで倒しきります。
 ↓
討伐後、べちょっと倒れているオオナズチの頭付近に立ち、視点をフラットにします(クエスト開始直後の視点)。
で、ハンターさんの身長と、オオナズチの頭の高さを比べます。
これがハンターさんより小さければ、小さなサイズ。
あとダウンを取った時に、腹や首元に入れるかどうかでも軽く判断していました。

しかしクエストが下位なだけに、素材が微妙で…連戦で素材は貯まったのですが、あまり嬉しくないのでした。



オオナズチのクエストが出ていない時は、村★6の「鎌将軍の包囲網」でショウグンギザミの最小金冠狙いに行っていました。
このクエストは2頭出てくるので、最小サイズの出てくる確率は単純に2倍?
しかし出ません。
70頭から始めて現在80頭狩猟まで来ましたが、小さめのサイズが連続して出ているものの、決定的な最小サイズはまだなのでした。

ギザミへは、大剣で行っています。
調合分まで持ち込んだシビレ罠1回につき片方の爪を壊して、1頭分の部位破壊報酬も確保。
通常の報酬でも爪は出るので、あまり意味はないのですが……一応気持ちと以後の訓練のために。

ギザミのサイズの確認方法は、これも討伐後です。
もちろん遭遇時に目測である程度の判別はしますが、結局討伐しているので立ち回りの目安にしているだけです。
 ↓
討伐後、倒れているギザミの頭付近にハンターさんを立たせて、視点をフラット(クエスト開始直後の視点)かもうひとつ下に。
その状態で、触覚と眼がハンターさんの頭と比べてどの位置にあるかで見ています。
今までは、頭のちょっと上から触覚が出ているような状態なのが、体感で一番小さなサイズなので、これが頭より下に来たら最小サイズだろうと思っています。

ショウグンギザミの素材は、匠珠を作りたいので「尖爪」がほしいのですよね。
でも上位のクエストではサイズ更新が出にくいみたいなので…泣く泣く下位に行っています。
G級の亜種でも小さいのが出るだろうって?
バカ言っちゃいけません。
嫌です。



追記で、先日のアイルーおみくじの結果を載せておきます。


乱舞乱舞乱舞

モンスターサイズの金冠を狙って、まだまだ戦っております。
最近は小さいのが出続けたため、最小金冠狙いに切り替えました。

最小金冠がまだ付いていないのはあと7種類くらい。
その中でも、オオナズチ狙いをすることにしました。


オオナズチは、双剣を装備して、後ろ足に適当に乱舞していれば楽だというので、このためだけに使用回数30回しかない双剣を、わざわざ作りました。
はい、先日まで、このためにコツコツとミラ素材を集めていました。

装備・・・・双剣:双龍剣【太極】
防具・・・・キリンXシリーズ、腰のみゲリョスZ
スキル・・・ランナー、精霊の加護、属性攻撃強化、斬れ味レベル+1

強走薬をケチるため、業物ではなくランナーを選択。

最小金冠が出るクエストは村★5のどちらかということなので、つまり下位ですね。
下位のモンスター相手に、G級武器を持ち込むとは……大人げないですな。


オトモを連れて、いざクエストへ!


最初は乱舞の位置取りとか入り方とかに微妙に戸惑いましたが、まあ動きが比較的ゆっくりなオオナズチが相手ですので。
けむり玉を投げつけ、音爆弾や閃光玉は場合によって投げたり投げなかったり。
姿が見えようが見えまいが、後ろ足付近で乱舞乱舞乱舞!です。

オオナズチは、音爆弾などで透明状態から姿が見えるようになりますよね。
しかしそれはダウンを取っても同じなので、だんだんアイテムをケチるように……音爆弾どころか、けむり玉すら投げなくなってきました。


基本的な戦い方は、右後ろ足か左後ろ足に陣取って、スタミナが切れるまで乱舞します。
ダウンを取って地面でもがいている間は、頭か腹に位置を変えて乱舞です。
そんなこんなで、最短5分針で討伐できるようになりました。

※左後ろ足でダウンを取ると、倒れたオオナズチの背中側(翼のある側)になってしまうので、乱舞とダウンのタイミングによっては頭に邪魔なく移動できない時があります。
尻尾狙いの時はそれでもいいんですけれどね。

被弾?
たまにやたら盗まれたり毒になったりしますが、しょせん下位のモンスターが相手なので、かなりおおざっぱな行動を取ってしまいます。
ダメージを気にせず乱舞のみ。
 ↑
ある意味漢(おとこ)らしいとも言えますが、ただただ力押しするばかりのおおざっぱさで、あまりいい立ち回りではありません。
楽しいところもありますが、何か目指す狩り方とは違う。私こんな「勇者様プレイ」好きでないのです。
他の武器に持ち替えたら、こんなことできませんし。
まさに作業をこなしているだけで、正直つまりませんな。
業物スキルがないと、かなり頻繁に研がなければならないのも、正直面倒。

あ、以前「精霊の加護を諦めれば、砥石高速化が付けられるかも」と書きましたが、スロットが足りず無理でした。


実際に狩りをしての実感ですが、スキルと双剣についてちょこっと考察。

下位クエストならば、 ランナー>業物 でも問題ないと思いました。
斬れ味が緑あたりになったら、ちょっとモンスターから離れて研げばそれで済みます。
が、おそらく上位・G級クエストとなると、 ランナー<業物 ですね。
恐ろしいほどすぐ斬れ味が落ちていくので、ちょう危険です。

ランナーは強走薬と違ってスタミナ切れになりますが、鬼人化が解けてもちょっと斬りつけていればすぐに回復するので、息切れは特に気になりませんでした。
むしろ強走薬で常時スタミナ減少無効にしていると、スタミナの管理がまったくできなくなってしまって、他の武器(や立ち回り)が使えなくなるマイナス面があるのではと思いました。
 ↑
わかった上での強走薬使用はまた別の話なので、もちろんいいと思います。



ともあれ、そんなこんなで10頭ほど討伐して、オオナズチの狩猟数が30頭となりました。
しかし、出てくるサイズは全部同じ、中くらいのものばっかり!
(全頭比較したので間違いない)

下位なのでたいした報酬が出るわけでもなく……
せめて上位のクエストで宝玉を狙いたい所存です。
そういえば、モンハン部のアイルーおみくじによると、今日(1/7)は【大吉】で【古龍の大宝玉が出る日】だそうですよ?!
今日中に1回くらいはG級オオナズチに行っておくべきでしょうか。
G級ならば、もう少し緊迫感のある狩りになってくれる…かも?




<おまけ>

最近連れ歩いているオトモは、13頭目のパイちゃんです。
この子は小型狙いで攻撃傾向が武器(打撃)の子です。

G級にも対応できるよう、防御力を重点的に上げていて、スキルは初めて「背水の陣の術」を覚えさせました。
攻撃力強化・防御力強化と合わせて覚えさせたので、かなり数値が上がりました。

この背水の陣の術。
初めてオトモからのヘルプを見ました。
「これかあ…!」とちょっと感動しました。

が、ヘルプの点滅を見て、慌てて粉塵を飲むのですが、大抵先に地面に潜られてしまいます…(休憩)

オトモと息を合わせるには、まだまだ修行が必要のようでした。

2009年にやったゲームを振り返る

新年早々いきなり更新稼ぎの記事ですが、まだ松が明けるか明けないかのこの時期ならではの話題ってことで、ご勘弁下さい。
(本当ならば、年末にやるべき話題な気もしますけれど)


2009年中にプレイしたゲームは3本。
そのゲームの感想をつらつらと書いておりますので、お暇な時にお付き合い下さい。


新年~

明けましておめでとうございます。
今年もお付き合いの程、どうぞよろしくお願いします。




さて新年といっても、狩りは相変わらず最大金冠を狙った変化のないものを行っております。
何か…本当に、出てくるモンスターのサイズが、だんだん小さくなって来ているような…。

あ、最小金冠狙いにスイッチすればいいのか。

そんな簡単なことさえぱっと閃かない、ぐだぐだっぷりです。


なので、新年の三が日は、主に2ndキャラを鍛えておりました。
えーと、ガノトトスとか、フルフルとかへ。

なぜかこの2ndキャラ、モンスターのレア素材に困りません。
鱗とか皮とか、そんなよく出る方の素材がほしい場合でも、レア素材の方がぽんぽんと出ます。



例1)水竜の上鱗がほしい

武器の強化に、水竜の上鱗がほしかったのです。5枚ほど。
でも、鱗ですからね。
5枚ばかり、1回クエストに行けば揃うでしょう。

ということで大剣を弓に持ち替えて、密林へ。


落とし物 → 水竜の上ヒレ  ←え?
はぎ取り → 水竜の上ヒレ×2、上鱗×2
報酬   → 水竜の上ヒレ×3、上鱗×1、その他
部位破壊 → 水竜の上ヒレ


上ヒレが1回のクエストで7枚も出たのって、新記録です。

先日まで上ヒレを集めにクエストに行っていましたが、その時は最大でも1回で3枚だったのに。
何ですか、この微妙に空気を読まない報酬は。
普通鱗が出ませんか?

まあ、防具にも使うし、ヒレは何枚あってもいいんですけれども…何か納得いかないなあ……



例2)真珠色の柔皮がほしい

これも武器の強化用に。
これはちょっと出にくいでしょうか。
8枚必要で、2枚持っていました。
でもまあ、フルフルを狩っていれば、意識しないでも貯まっていきますよね。普通。

胴体の部位破壊が面倒だったので、こちらも弓で行ってみました。
胴体は貫通矢で。
連射矢があると頭の部位破壊も簡単なのですが、拡散矢で代用。
捕獲で終了です。

報酬 → アルビノエキス、雷電袋、真珠色の柔皮×1、その他
捕獲報酬 → 雷電袋、アルビノの中落ち、アルビノの霜降り


…なんじゃこりゃ。

ちなみに、フルフルは下位・上位合わせて狩猟数が10とちょっと。
霜降りはこれで3つめです。


1stキャラに謝れ……!!!




2ndキャラは、何か、物欲センサーが微妙になっているような気がします。
1stキャラで涙を堪えたあの厳しさが、ない。

うーん、何でしょう、不思議現象です。


追記で1stキャラのことをちょこっとだけ書いておきます。

プロフィール

デンカとラッテ

Author:デンカとラッテ
アイルーを愛するへなちょこハンター
ハナ、HR6
ランスを中心に色々
   …から現在覚者にジョブチェンジ

ドラゴンズドグマ専用のtwitterアカウント取ってみました。
@Hana_DD01

※アイコンは、「アイコンジェネレーター」http://www.icongenerators.net/
shikaku.html さんを使わせてもらっています

おすすめ
プレミアム バンダイ

プレミアム バンダイ



NEC Direct(NECダイレクト)

大神 絶景版 イーカプコンバナー

モンスターハンター:ワールド イーカプコンバナー

プレミアムバンダイ プレミアム バンダイ(魂WEB)



リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
Twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード